住宅展示場には住まい作りに役立つ資料がたくさん用意されていて、見学者は自由に持ち帰ることができます。

各メーカーが工夫をこらして作った資料には、貴重な情報がたくさん載っているので、活用できれば、住宅展示場見学で得た情報を住まい作りによりしっかりと役立てられるようになります。

資料を活用できれば情報収集がより効率&楽しくなる

新たな知識を身につけるとき、必要な情報が網羅されているテキストを活用できれば、効率よく学ぶことができますよね。住まいを建てるときも同じです。

住宅展示場でもらった資料をポイントを押さえて読むことで、見学時に見聞きした情報をしっかり「復習」することができます。

資料にはさまざまな情報が記載されています。親世帯との同居やペット飼育、楽器演奏などニーズごとに整理された情報が載っているものもあるので、家族が建てたい家について、必要な知識をしっかり身につけることができるのです。

また、各ハウスメーカーが提供している資料を比較すれば、それぞれの会社の違いも確認できます。どんな住まいを建てるのが得意なのか、家づくりでなにを重視しているのか……ハウスメーカーごとに異なる特徴がわかれば、家族にとってどの会社が適しているか、判断するヒントになります。

したがって、住宅展示場から持ち帰った資料はできるだけ家族みんなで見るようにしてください。それぞれが注目するポイントや「あの設備はいいと思った」などの感想を言い合うことで、家についての話し合いが進み、情報収集がより楽しくなります。

Point1:資料の種類を理解して無駄なく知識を収集しよう

住宅展示場で提供されている資料にはいくつかの種類があります。たとえば、家の建て方やお金のことなど、家づくりに必要な総合的な知識をまとめた資料がその一つ。家づくりの流れなど、一般的な知識をまず学びたい方にとってはとても頼りになる資料です。

もう少し具体的なことが知りたい人には、各ハウスメーカーが作成している住まいのカタログが役立ちます。その会社の展開するブランドを総合的に紹介するカタログに加え、ブランドごとのカタログ、実例集などがしばしば用意されています。

大手のハウスメーカーでは複数のブランドを提供していることが多いので、それぞれのカタログや実例集を見ることで、実際にどんな家ができるのか、リアルなイメージを思い描くことができます。

Point2:ハウスメーカーが推す家の建て方を確認

総合的なカタログに載っている家の建て方はハウスメーカーごとに少しずつ異なります。各ハウスメーカーや工務店では、推奨する家づくりの流れや考え方、こだわっているポイントなどが違うためです。

したがって、複数の資料を確認することで、いろいろな家の建て方や考え方を理解することができます。その中から、家族の事情やニーズに合うものを選べば、満足度の高い家を建てやすくなります。

Point3:各ハウスメーカーの一押し工法や設備をチェック

大手のハウスメーカーの場合には1社で鉄骨造や木造、ツーバイフォーなどいくつもの工法を手がけている会社が少なくありませんが、一押しの工法はそれぞれ異なります。

また、吹き抜けやルーフバルコニー、水回りやキッチンの設備など、間取りや設備についても、各社が推奨するものは違います。

ハウスメーカーそれぞれの一押しがどれなのかを見分けるのは比較的簡単です。総合カタログの前の方で、大きなスペースを割いて紹介されているものが、各社がいちばん力を入れている家の間取りや仕様、設備だと思って間違いありません。

資料を見るときにはそういった各社の一押しを確認することも大切です。

Point4:ニーズに合う住まいの情報を見つける

ハウスメーカーが提供するカタログの中には、住む人のニーズに沿った情報が掲載されていることもあります。

たとえば二世帯住宅を視野に入れている家族であれば、「親と同居したい人向け」をもらってくるなど、資料をもらう際には家族の需要があるものを選択するのがおすすめです。

こうした資料を読み込むことで「希望に合う家はどんな家か」「理想の家をどうやって建てればいいのか」といったことを理解できるようになります。

Point5:家族みんなで資料を見て楽しむ

住宅展示場でもらってきた資料を見るときはテーブルの上などにたくさん並べて比較するのがおすすめです。いろいろなハウスメーカーやブランドのカタログを並べることで、それぞれを比較しやすくなるからです。

また、「大人だけの方が落ち着いて見られるから」と考えがちですが、なるべくなら子供たちも一緒に見るようにしてください。そうすることで、みんなで一緒に家づくりのイメージをふくらませることができます。

たいていの家族にとって、家づくりは一生に一度の大イベントです。理想の家を建てる、というという目標に向けて一致団結して進むことをぜひ、家族みんなで楽しんでください。

まとめ

ハウスメーカーが制作する資料には住まい作りに役立つ情報がたくさん詰まっています。単なるきれいなパンフレットではないので、持ち帰ったらぜひ、この記事で紹介したポイントを意識しながら、活用してみてほしいと思います。

住まいるブログ
〜知って得する住まいの基礎知識〜
blog

住宅博からのお知らせ housing information

見どころたっぷり最新のイベント情報を掲載中