『住まいるブログ』~知って得する住まいの基礎知識~

住宅展示場にはいろんな住宅メーカーのモデルハウスが並んでいます。

しかし、モデルハウスのほとんどは非常に大きく、建材やインテリアなども基本的に最高グレードのものを使用しています。

そのため「興味はあるけど、広すぎて参考にならないんじゃないかな……」という方も多いのではないでしょうか。

でもそれではもったいない。なぜならモデルハウスが最高グレード仕様になっているのにはちゃんと理由があり、実際に見学することでお家づくりに役立つ情報がたくさん手に入れられるようになっているからです。

そこで今回はわざわざモデルハウス見学に行くべき理由を7つ紹介させていただきます。

【目次】

■自分たちにとっての「欲しい家」が見つかるから

皆さんは「どんな家が欲しいかを詳しく説明してください」と言われて、どれくらい具体的に話せるでしょうか。

近年はインターネットや書籍でも色々な情報が手に入りますが、それでもやっぱり実物を見て、触って、体感した時にインプットされる知識や感覚の方が濃いものです。

展示場のモデルハウスが広くて豪華なものが多いのは、そうした情報収集をしてもらうため。

その家の性能、デザイン、オプションをなるべく全部見てもらおうとすると、どうしても豪華になりますし、広くなるというわけです。

建売の分譲住宅とは違い、展示場のモデルハウスはいわばショールームです。

そのモデルハウスをそっくりそのまま建ててもらうためではなく、数ある性能やオプションを見て、触って、体感して、その中から気に入ったものを選んでもらうための場所なのです(ごくまれにそのまま建てる方もいますが……)。

家づくりは人生の中でも大きなお買い物。実際にお金を払って動き始める前に、入念な準備が必要です。だからこそ、より詳しく、具体的に自分たちにとっての「欲しい家」を思い描くためにモデルハウス見学に行って欲しいのです。

■家事動線を参考にしやすいから

「そうは言っても、やっぱりモデルハウスは広すぎて実際に建てる家のイメージが湧かない」と思う方もいるでしょう。

確かに広々としたLDKなどは現実的に難しい場合も多いかもしれません。

しかし水回りなどの家事の動線や、キッチンから子供の勉強を見守れる間取りなど、ポイントで見ればイメージが湧いてくるはずです。

収納だけ見ても、「こんなやり方があるんだ」というアイデアがもらえることもたくさんあります。全部を取り入れなくても、そういったポイントだけを取り入れることで、生活空間を広くすることができます。

■建材や耐震設備などの展示が見られるから

先ほど「モデルハウスが広いのは、家の性能、デザイン、オプションをなるべく全部見てもらうため」と書きましたが、他にもいくつか理由があります。

例えば、従業員のオフィスルームやお客様との打合せのスペース等も必要なので、そのぶん建物が大きくなるという側面もあります。

加えて、多くのモデルハウスには内装を見せる部屋の他に、建材、窓サッシ、壁材、耐震設備などを展示している部屋(またはスペース)があるから、というのも大きな理由です。

家づくりにおいてはデザインや間取りも重要ですが、耐久性や住みやすさという意味では建材、窓サッシ、壁材、耐震設備なども非常に重要な要素です。しっかりと知識を収集しておけば、より「欲しい家」を具体的に思い描けるようになります。

モデルハウスの中には壁の一部を透明板にして、中の構造が見られるようになっているところもありますし、メーカーからの説明を聞くこともできるので、耐震性能などについて詳しく知ることができます。

建材や窓サッシなどもそれぞれグレードがあるので、性能や特徴をしっかりチェックしてから決めていくことをおすすめします。

■遮音性や断熱性を実体験できるから

家での日常生活で気になることの代表が「騒音」と「温度調整」です。どんなに素敵な外観やインテリアの家でも、隣家や家族の生活音が響いたり、なかなかエアコンが効かなかったりすれば、住みやすい家とは言えません。そのため、遮音性・断熱性は家づくりにおいて非常に大切なポイントなのです。

しかし一般的な賃貸物件などで暮らしていると、なかなか「遮音性や断熱性が高い」と言われてもピンと来ないかもしれません。そこでモデルハウスの出番です。

なぜならモデルハウスではそのほとんどが高い遮音性と断熱性を備えているからです。

まずは遮音性を体感するために、家族に上の階でジャンプしてもらったり、窓を閉めた状態で外から話しかけてもらったりしてみてください。「そんなに大きな音(声)を出していたの?」とびっくりする人も多いのではないでしょうか。

次に断熱性。モデルハウス内はもちろん快適な温度に保たれていますが、メーカーに空調の設定温度を聞いてみてください。きっと普段の設定温度との違いに驚く人も多いはずです。

■非公開の土地情報を収集できるから

新しい土地を買ってそこに家を建てる場合、家よりまず土地を探す必要があります。

確かに今ではインターネットで探すこともできますが、そこで手に入る土地の情報はあくまで公開されている情報。実は世の中には、いわば「とっておきの土地」というものもあるのです。

住宅メーカーはこうした一般には非公開になっている土地情報や分譲地(宅地用に大きな土地を区画整理してバラ売りをしている土地)の情報も持っていることが多いので、モデルハウス見学と合わせて土地の相談もできます。

■リフォーム相談ができる場合もあるから

モデルハウスでは主に注文住宅の販売をしていますが、リフォームの受付をしている住宅メーカーもあります。

リフォームしようと思ったけど先のことを考えたら建て替えた方がよかった(またはその逆)ということはよくありますので、どちらにするか迷っている方はリフォームも受け付けているモデルハウスで相談してみるのもおすすめです。

また、モデルハウスを見るだけでもリフォームする際のインテリアの参考になるので、「リフォームしか考えていない」という人にもモデルハウス見学はおすすめです。

■まとめ

モデルハウスは単に広くて豪華な家というだけでなく、家の構造を学べたり、土地も探せたりと住宅購入の過程で役立つ情報がたくさんあります。

無料で見学ですし、総合住宅展示場なら複数のメーカーを見て回って比較することがもできます。しかも週末にはイベントがあることも多く、家族のお出かけスポットとしても活用できます。

マイホームを持ちたいという人はもちろん、リフォームを考えている人も、ぜひ一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

なお、基本的に予約しなくても見学はできますが、現在はコロナ禍で人数制限をしているモデルハウスもあるので、事前に予約してから行くことをおすすめします。

時短・安心・スムーズに見学

WEBアンケート
インフォメーションにて受付後、
気になるモデルハウスを
ご自由にご見学ください。

抽選で豪華景品が当たるチャンスも!