家を買うとき、「一戸建てかマンションか」と並んで最初に検討するのが「新築か中古か」という選択です。

それまで、家の購入を自分のこととして考えたことがなければ、「新築は新しくてきれいだけどコストがかかる」「中古はコストを抑えられるけど住み心地では新築におよばない」といった漠然としたイメージしかないかもしれません。

でも、実際にはいろいろな違いやメリット・デメリットがあるので、イメージを頼りに判断するのではなく、それぞれの特徴を押さえておきたいところです。

そこで、このページでは的確な選択ができるよう、新築一戸建てと中古一戸建ての特徴を比較するとともに、それぞれに向いているのはどんな人か解説していきます。

最後まで読めば、家族のニーズに合わせて、間違いのないチョイスができるようになります。

新築と中古のメリット・デメリット比較

メリット デメリット
新築一戸建て住宅 ・新しい家は気持ちがいい。
・最新の設備や部材を導入できるので、住み心地がいい。
・最新の耐震基準に基づいて建てられているので、地震などの災害に強い。
・注文住宅の場合には、家族のニーズにピッタリ合う家を取得できる。
・住宅ローンを利用しやすい。
・各種補助金を利用しやすい。
・中古に比べて物件価格が高い。
・注文住宅の場合は購入を決めてから引き渡しまでに、ある程度の時間と労力が必要。
中古一戸建て住宅 ・新築よりも物件価格が安くなりやすい。
・物件によってはすぐに取得して住み始めることができる。
・物件がすでに存在しているので、生活をイメージしやすい。
・間取りや設備、部材等の自由度が低い。
・物件の状態(劣化度合いなど)がわかりにくい。
・物件によっては耐震性能などに不安がある場合も。
・売主によっては保証内容に差がある。
・新築に比べると住宅ローンを利用しにくい。

新築一戸建て住宅のメリット

車でも服でも、まっさらのものはなんと言っても気持ちがいいものです。もちろん、中古がダメというわけではありません。でも、新品には誰も使っていないものを使い始める喜びがあります。それが毎日長い時間を過ごす家となるとその喜びはとても大きなものです。

気持ちの面だけでなく、性能も違います。家電製品や車と同じく、住まいも年々進化しているからです。詳しくは別のページで紹介しますが、たとえば、断熱・遮熱性能が高い窓や壁を導入した家は夏涼しく冬暖かいので、住み心地は抜群です。

お掃除がしやすく清潔に保ちやすい水回り、容量たっぷりで出し入れがしやすい収納など、最近登場した設備もいろいろあるので、10年前、20年前の住まいと現在の住まいはまったく別物です。

新築注文住宅の場合には、間取りはもちろん、そういった部材や設備についても、家族のニーズに合わせて選ぶことができます。

住まいの性能は住む人の安心にもつながります。新しい住まいは最新の耐震基準に基づいて建てられているので、古い家に比べて地震などの災害に強いと言えます。

お金の面では住宅ローンや補助金を利用しやすい、というメリットがあります。省エネ性能が高いZEH(ゼロエネルギーハウス)の購入に対する補助金や、地域の木材を利用して家を建てる際に支給される補助金など、新築住宅には利用できる補助金がいくつもあります。

資金面ではもう一つ、住宅ローンを利用しやすいのも新築住宅のメリットです。住宅ローンの審査をする銀行側にとって担保になる家の価値がわかりやすいので、大きな額の資金を比較的簡単に借り入れできるのです。

新築一戸建て住宅のデメリット

多くの人が新築のデメリットとして最初に思いつくのは、やはり中古に比べて価格が少し高いことでしょう。服や車、本や家電などと同じで、立地や設備などの条件が同じなら、家もまっさらの方が高いのは事実です。

デメリットとしてもう一つ意識しておきたいことにはもう一つ、「中古住宅を買うよりも時間と手間がかかる」ということがあります。中古住宅の場合には、すでにある住まいを購入するので、契約後すぐに入居することもできます。

新築住宅――特に注文住宅の場合には、まず「どんな家を建てるのか」を専門家に相談して一緒に設計していく作業が必要です。その後で住まいを建て始めるので、どうしても一定以上の時間はかかります。

中古一戸建て住宅のメリット

それでは、中古一戸建て住宅のメリットはなんでしょう? 多くの人が真っ先に思いつくのはやはり価格が安いことだと思います。ただし、便利な都心部に近いエリアになるほど、新築と中古の差は小さくなります。

これは、土地の価格が高いからです。住まいの価値は建物と土地の価値で考えられます。土地の価格が高くなると、住まいの価値全体に占める土地の価値の割合が大きくなるので、建物が古くなったことの価格への影響が小さくなるのです。

中古住宅には「すでに物件が存在している」という特徴があります。ですから、購入前に実際の物件を見学して、その家での暮らしをイメージすることができますし、取得してすぐに住み始めることもできます。この点も、中古住宅のメリットと言えるでしょう。

中古一戸建て住宅のデメリット

一方で、建てられてから年数を経ているのは中古住宅の問題点です。新築のときは一定の性能が保証されていますが、その後の環境や修繕の仕方によって、築年数が同じでも物件の劣化度合いは違います。

そのため、「せっかく安く購入したのに、購入後に思わぬ修繕が必要になった」ということもあります。新築の住宅には保証がついていますが、中古住宅の場合には売主によって保証内容に差があるので、修繕費の大半を買主が負担するケースも見られます。

中古住宅には住宅ローンの審査に時間がかかったり、必要な額を借り入れできなかったりするリスクが高いというデメリットもあります。中古住宅は、それぞれの物件で状態に差があり、価値が違います。そのため住宅ローンの審査をする銀行が、担保としての価値が下がった場合のリスクを軽減するために、担保価値を低く見積もる場合があるのです。

古い物件は耐震性能など、強度に問題があることも少なくありません。耐震性能や住み心地を改善するためにリフォームをしてから住む人もいますが、できることには限界があります。

また、ある程度の改装は可能ですが、間取りや設備、部材等の自由度は新築の注文住宅に比べるとかなり低めです。

あなたが向いているのは「新築一戸建て」? それとも「中古一戸建て」?

さて、ここまで新築と中古の特徴を比較してきましたので、違いについては理解いただけたと思います。それを踏まえて、それぞれに適しているのはどんな人か、考え方のヒントをご紹介します。

新築一戸建て住宅に
向いている人
・生活の快適性を大切にしたい人
・健康や安全にこだわる人
・よりよい住環境の中で子供を育てていきたい人
・新しい部材や設備などに関心が高い人
・家づくりを楽しみたい人
中古一戸建て住宅に
向いている人
・住宅の取得にあたり、コストを重視する人
・家に関して、あまり手間や時間をかけたくない人

新築一戸建てに向いているのってどんな人??

新築一戸建て住宅に向いている人は「コストをかけてでも家族のニーズに合う住まいで暮らしたい」という思いが強い人です。

安全な住まいで健康に配慮しながら子供を育てたい人など、暮らし方にこだわりが強い人にとって、新築住宅には大きな価値があります。

さらに言えば、家づくりにかかる手間を「楽しみ」と感じられるかどうかも大きな判断基準の一つです。家族と一緒に家を作るのは、ほとんどの人にとって一生に一度の体験なので、それを楽しめる人はぜひ、新築の注文住宅を選んでほしいと思います。

中古一戸建てに向いているのってどんな人?

反対に中古一戸建て住宅に向いているのは、住まいにあまりお金や手間、時間をかけたくない人です。家にいる時間が短い人や、転勤が多い職種の人などには、コストを抑えて比較的簡単に購入できる中古住宅が適しています。

まとめ

新築と中古にはそれぞれ特徴があり、どちらがいいというものではありません。ここで挙げた、向いている人の特徴はあくまで「メリットとデメリットを考えると、こういう人に向いていますよ」という分析です。

ただ、新築については「気持ちよさ」という感覚的な価値も大きいので、関心のある方は住宅博を訪れて「新しい家」を体感してみるのがおすすめです。

現在では中古に負けない価格で新築を建てられるメーカーもあり、住宅博ではコスト面でも様々なニーズに答えられます。

家族全員で訪れて、それぞれがどう感じたかをぜひ話し合ってみてください。

<この記事の監修者>

橋本賴幸(ハシモトヨリタカ)氏

一級建築士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、公社)大阪府建築士会、公社)日本建築家協会近畿支部、一社)大阪府建築士事務所協会など、京都美術工芸大学特任教授。

住まいるブログ
〜知って得する住まいの基礎知識〜
blog

住宅博からのお知らせ housing information

見どころたっぷり最新のイベント情報を掲載中