いろいろなタイプの住まいを検討してみた結果、「新築の一戸建て住宅がいい」という結論にたどり着いた。そんな人が最後に迷うのが「注文住宅」か「建売住宅」かという選択肢です。

この2つにはさまざまな面で大きな違いがあります。そこで、ここでは注文住宅と建売住宅のメリット・デメリットを比較し、解説するとともに、それぞれがどんな人に向いているのかを考えてみます。

「注文住宅」「建売住宅」ってそれぞれどんな家なの?

注文住宅はその名の通り、「注文して建ててもらう家」です。自分でハウスメーカーに発注して、希望に合う家を設計してもらい、購入済の土地の上に家を建ててもらいます。

ただし、注文住宅を名乗る物件の中にも自由度が高いフルオーダーと、間取りや部材、設備などを用意されたパターンから選択するセミオーダー(建築条件付き土地)があるので、チラシなどを見るときは気をつけてください。

注文住宅とは反対に、すでに建てられている家を購入するのが建売住宅です。こちらは土地とセットで購入することになります。

下表は注文住宅と建売住宅のメリット・デメリットを比較したものです。

メリット デメリット
注文住宅 ・家族の生活スタイルに合う生活空間を実現できる
・予算を調整しながら優先順位を自分で決めて、ニーズに合う部材や設備を選択できる。
・家づくりを楽しむことができる
・建売住宅よりも物件価格が高くなりやすい。
・住まいの取得に時間と手間がかかる。
建売住宅 ・注文住宅よりも物件価格が安くなりやすい。
・その家での暮らしをイメージしやすい。
・住宅取得に要する時間と手間が少ない。
・間取りや設備、部材等の自由度が低い。
・家族の暮らしにマッチしない部分がある。
・家を作る楽しみがない。

以下では、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

注文住宅のメリット

注文住宅を選ぶ最大のメリットは高い自由度です。間取りはもちろん、設備や部材を自由に選べるので、家族の生活スタイルに合う家に住むことができます。

たとえば、「音楽が好きだから防音の部屋を作りたい」「アウトドアが趣味なので、グッズをしまっておく大きな収納スペースがほしい」といった希望も叶えられます。

毎日の家事についても、家族によってやり方は違います。「お料理をしながら子供たちの様子が見える間取りがいい」「子供が多いので、朝、水回りの動線が混み合わないようにしたい」「洗濯物が多いので、水回りと物干しの動線を短くしたい」など、いろいろな要望があるはず。

家族の希望がたくさんある場合も、設計や仕様を予算の中で自由に調整できます。自分たちの中で優先順位を決めて、ニーズに合う間取りや設備、部材を選択できるのは注文住宅ならではのメリットです。

注文住宅には実はもう一つ、あまり意識されていないメリットもあります。それは「家族と一緒に家づくりを楽しめる」ということです。

住まいは家族がその後ずっと暮らす大切な空間です。希望通りの住まいを建てるのをきっかけに、いろんなことを話し合えるのは注文住宅だからこその素敵な体験です。

注文住宅のデメリット

いちばんのデメリットは建売住宅に比べて物件価格が高いことでしょう。理想の家の設計図を完成させるためには、こちらの希望を伝えながら、ハウスメーカーに試行錯誤をしてもらう必要があります。そのぶん、どうしてもコストがかかってしまいます。

ドアやサッシなども、建売住宅の場合には大量発注するので単価が安くなりますが、注文住宅の場合は1軒ごとの注文なので、少しコストがふくらみます。

注文住宅を建てるのには、お金だけでなく、時間と手間も建売住宅より多くかかります。設計や仕様を決めるためには、どんな家に住みたいのかを家族みんなで考えたり、設備や部材を選ぶために見学したり、といった工程が必要だからです。

加えて、最終的には建ててみなければどんな家になるかわからないという点も、注文住宅のデメリットです。生活のイメージができないので、購入の決断をすることに不安を感じる人も少なくありません。

住宅博のような住宅展示場の役割の一つは、このデメリットをカバーすることにあります。モデルハウスを見たり、設備に触れたり、専門家からのアドバイスを聞いたりするなかで、生活のイメージを具体化していくことができます。

建売住宅のメリット

建売住宅を選ぶ最大のメリットは、注文住宅に比べて価格が安いことです。コストを抑えられる設計や仕様にしているので、価格が安くなるのです。

あと、家がすでにあるので、その家での暮らしをイメージしやすいのも建売住宅のメリットです。キッチンと水回りの間を行き来してみて、家事が効率的にできそうか、実感してみるなど、実際に住む家を見学できるのは建売住宅ならではと言えます。

購入するのに時間や手間がかからないのも建売住宅の利点です。間取りや仕様を一つ一つ決める手間や建築の時間がかからないので、契約後すぐに住むこともできます。

建売住宅のデメリット

建売住宅のデメリットでいちばん大きいのは、自由度が低いことです。すでに建っている家を購入するので、間取りや設備、部材等は建築会社が決めたものをそのまま受け入れることになります。

建築会社はなるべくたくさんの人に人気が高そうな家をイメージして間取りや仕様を決めますが、家族の暮らし方はそれぞれ違うので、やはりマッチしない部分があちこちにあるものです。

「リビングの広さはいいけど、収納が足りない」「子供部屋の数は合うけど、家事動線が好みとは違う」など、生活する中で気になることがいろいろと出てくるケースが少なくありません。

建売住宅にはもう一つ、「家を建てる楽しみがない」というデメリットもあります。注文住宅のメリットに関する項で説明しましたが、たいていの人が人生に一度しか経験できない楽しみなので、これを逃すのはかなりもったいないことだと言えます。

あなたが向いているのは「注文住宅」? それとも「建売住宅」?

さて、ここまで注文住宅と建売住宅のメリット・デメリットについて解説してきました。それを踏まえて、どんな人がそれぞれに適しているかをご紹介します。

注文住宅に
向いている人
・暮らし方に対するこだわりが強い人。
・趣味や楽しみを大切にしている人。
・「家族と家を作っていく」のを楽しみたい人。
建売住宅に
向いている人
・家の取得に時間や手間をかけたくない人。
・コストを抑えて家を取得したい人。

注文住宅に向いているのってどんな人?

コストや手間、時間がかかる注文住宅に適しているのは、それでも家族のニーズにピッタリ合う住まいに暮らしたい、という希望が強い人――すなわち暮らしに対するこだわりが強い人です。

家で家族と過ごす時間や趣味を大切にしたい人にとって、細かなことまでニーズに合う住まいはとても大きな価値があります。

家族との関わりでは、これまで触れている通り、「家づくり」という特別なイベントを一緒に楽みたいという人は注文住宅にいちばん適している人です。

建売住宅に向いているのってどんな人?

それとは反対に、建売住宅に向いているのはやはり、コストを抑えて住まいを購入したい人や、家の取得に手間や時間をかけたくない人です。

人生の中でなにを重視するかは人によって違います。住まいの優先順位がそれほど高くない人や、購入した家に長く住むことを考えていない人には、建売住宅の方が適しているでしょう。

まとめ

注文住宅と建売住宅にはそれぞれ特徴があり、どちらが優れているというものではありません。ただ、コストと労力、時間をかけてでも生活の質を高めたい、という人にとっては家族のニーズにピッタリ合う世界で1軒だけの住まいを建てる意味はとても大きいと言えます。

気になる方はまずは住宅博を訪れて「住まいにどんなことができるのか」を学んでみてください。

<この記事の監修者>

橋本賴幸(ハシモトヨリタカ)氏

一級建築士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、公社)大阪府建築士会、公社)日本建築家協会近畿支部、一社)大阪府建築士事務所協会など、京都美術工芸大学特任教授。

住まいるブログ
〜知って得する住まいの基礎知識〜
blog

住宅博からのお知らせ housing information

見どころたっぷり最新のイベント情報を掲載中