「賃貸住宅を卒業してマイホームを!」
そんな一大決心をした人が最初にぶつかるのが「一戸建てかマンションか」というチョイスです。

住まいは多くの人にとって人生最大の買い物ですから、後悔のない選択をしたいところ。そこで、今回は一戸建てとマンションのメリット・デメリットをそれぞれ比較して解説していきます。

その上で、一戸建てに向いているのはどんな人か、マンションに向いているのはどんな人かを解説します。

一戸建て住宅とマンションのメリット・デメリット比較

【一戸建て住宅とマンションのメリット・デメリット】

メリット デメリット
一戸建て住宅
  • 間取りや設備、維持管理などの自由度が高い
  • 住み続けるために必要なコストを抑えられる
  • ガーデニングやペットの飼育などが楽しめる
  • 資産としての安定性が高い土地を保有できる
  • 同じ立地条件ならマンションよりも価格が高くなりがち
  • セキュリティ面の安心感がマンションに比べて低い場合がある
マンション
  • 同じ立地条件なら戸建てよりも物件価格が低い場合が多い
  • バリアフリー化しやすい
  • セキュリティ面の安心感が高い
  • 物件によっては共用部の施設が充実している
  • 間取りや設備等の自由度が低い
  • 管理費や修繕積立金、駐車場代などのコストがかかる
  • 老朽化すると、管理費や修繕積立金の負担が増大する

一戸建て住宅のメリット

一戸建て住宅のいちばんの特徴は「自由度が高い」ことです。

たとえば、マンションは新築で購入する場合も間取りや設備などをいくつかのパターンから選ぶのが普通です。

一方、ハウスメーカーで一戸建て住宅を建てた場合には、間取りや設備などを家族の好みに合わせて自由に選べます。

さらに維持管理についても、「いつ、どんな規模の修繕をするか」といったことを自分の都合に合わせて決めることができます。
お庭でガーデニングを楽しんだり、大型犬などのペットを飼ったりするのも自由です。

もう一つ、お金の面に注目すると、一戸建てには住み続けるためのコストをマンションよりも低く抑えやすい、というメリットがあります。
管理費や修繕積立金の支払いはありませんし、カーポートを設ければ、駐車場代もかからないからです。

お金の面ではもう一つメリットがあります。それは土地という資産を持てるという点です。
というのも、土地の価値は建物に比べて、時間が経っても下がりにくいという強みがあります。そのため、資産として持っていると将来の経済的安心感が高まるのです。

一戸建て住宅のデメリット

これらのメリットに対して、いちばんのデメリットはやはり価格が少し高いことでしょう。立地や居住空間の広さなどが同じなら、マンションに比べるとやや割高になるのです。

セキュリティ面の安心感がマンションより低いと感じる人もいます。

ただし、最近ではさまざまな防犯アイテムや設計上の工夫が登場しているので、対策さえ講じておけば、一戸建てでもセキュリティ性能をアップさせることは可能です。

マンションのメリット

一方、マンションのメリットはどこにあるのでしょうか?

やはり、いちばん注目されるのは価格面のメリットでしょう。立地や居住空間の広さなどが同じなら、土地を高さ方向に活用できる分、マンションの方が販売価格を抑えることができます。

複数の世帯でコストを分担できるので、共用部を充実させやすいのもマンションの魅力です。その分、維持管理のコストがふくらみますが、エントランスホールやキッズルームなど、共用部の施設が充実している物件もあります。

セキュリティ面でもマンションは戸建より充実している傾向があります。建物への入口が限られているため、オートロックや防犯カメラなどの導入により、防犯性を高めやすいからです。

「バリアフリー化しやすい」というのも、最近注目されているマンションの魅力のひとつです。マンションには二階がないため、足腰に問題がある高齢者にとっては暮らしやすい、というわけです。

マンションのデメリット

対して、マンションのいちばんのデメリットはやはり、自由度の低さです。間取りや設備、部材などはあらかじめ建築会社や販売会社によって用意された選択肢の中からしか選べません。

マンションで暮らすためには管理費や修繕積立金など、ローンの支払いとは別に、毎月一定のコストがかかります。

それらの金額もマンションの所有者全員で決めるものなので、「今月は家計が苦しいから少なめにしよう」と自由に調整することはできません。

管理費や修繕積立金には「維持管理が不十分で老朽化が進んでくると、1戸あたりの負担額が大きくなる」というリスクもあります。

壁や床、天井を接して暮らしているので、騒音などのトラブルが起きやすいのもマンションのデメリットです。いったんご近所との人間関係が悪くなってしまうと、安心して暮らしにくくなるので、気を遣って生活している、という人も少なくありません。

あなたが向いているのは「一戸建て」? それとも「マンション」?

さて、ここまで読んでいただいた人には、一戸建て住宅とマンションの特徴がそれぞれわかったのではないか、と思います。

それを踏まえて、どんな人がどちらに向いているのか、考えてみましょう。

一戸建て住宅に向いている人
  • 子育て世帯
  • ガーデニングやペットと暮らすのが好きな人
  • 家づくりを楽しみたい人
マンションに向いている人
  • 通勤の利便性を重視する人
  • 家にあまり手間や時間をかけたくない人

一戸建てに向いているのってどんな人?

一戸建て住宅にいちばん向いているのは子供の教育を重視する子育て世帯です。

「郊外でのびのびと子供を育てたい」という人にとって、子供の心や体の成長に適した間取りなどを選べる一戸建て住宅には大きなメリットがあるからです。

ガーデニングやペットとの暮らしにも子供の心を育む効果があります。

さらに、一戸建て住宅は自由度が高いので、自分が理想としていた家を実現したり、家族とどんな家にするか相談したりして、家づくりをフルに楽しむことができます。

そうした過程を楽しみたい人にも、一戸建て住宅はぴったりの選択肢と言えます。

マンションに向いているのってどんな人?

マンションは得てして都市部や駅近に物件が多いもの。そのため「仕事が忙しいから通勤の便が大切」という人にはマンションが向いています。

また、前述したようにマンションは間取りなどがあらかじめ決まっているので、家づくりにあまり手間をかけたくない人もマンションに向いていると言えます。

まとめ

一戸建て住宅とマンションにはそれぞれ一長一短があり、どちらがいいとは言えません。

ですからこの記事であげた向き不向きは「メリット・デメリットを考えると、こういう人に向いていますよ」という程度だと思っていただいた方がよいかもしれません。

住宅展示場ではモデルハウスの見学だけでなく、相談会なども無料で開催されているので、自分や家族の「悩み」解決したり、「想い」をカタチにするために、住宅博で専門家の意見も参考にされるのもおすすめです。

<この記事の監修者>

橋本賴幸(ハシモトヨリタカ)氏

一級建築士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、公社)大阪府建築士会、公社)日本建築家協会近畿支部、一社)大阪府建築士事務所協会など、京都美術工芸大学特任教授。

住まいるブログ
〜知って得する住まいの基礎知識〜
blog

住宅博からのお知らせ housing information

見どころたっぷり最新のイベント情報を掲載中