住宅工法とは、家の躯体(骨組み)を作る方法のこと。
日本には様々な工法があり、その違いがよくわからないという方も
多いのではないでしょうか。

技術の進歩により、現在ではどの工法でも性能の差はほとんどないといえますが、
やはり工法の違いにより、プランニングの自由度や価格などは変わってきます。
そこで今回は、それぞれの住宅工法の特徴についてわかりやすくご紹介します。

どんな工法がある?

日本では現在、主に次の4つの工法があります。

【木造軸組工法(在来工法)】
主に木の柱や梁といった軸組で支える、日本で最も主流の工法。在来工法ともいいます。

【枠組壁工法(2×4、2×6、2×8工法)】
フレーム上に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた、壁や床で支える工法。北米で主流の工法です。

【プレハブ工法】
工場で部材を生産し、それを建築現場で組み立てる工法。
使用する素材により「鉄骨系」「木質系」「コンクリート系」に分けられ、さらにボックス型ユニットまで工場でつくる「ユニット系」に分けられます。

【壁式鉄筋コンクリート工法】
梁、壁、床などの形に合わせた鉄筋を組み、型枠で囲ってコンクリートを流し込んでいく工法です。

【木造軸組工法(在来工法)】のメリットは?

木造軸組工法(在来工法)の大きなメリットは、柱の位置や長さを自由に設定できるため、設計デザインや間取りの自由度が高くなることです。
筋かいの入った壁以外なら、大きな窓を設けることもできますし、太い梁をつくり構造を強化することで、柱の少ない大空間をつくることもできます。増改築も容易です。

日本の家づくりに欠かせないこの工法ですが、大工さんや職人さんの腕によって仕上がりや耐久性といった家の出来栄えに差がでてしまうことがデメリットといわれていました。
しかし最近では、プレカットと呼ばれる、工場での木材加工が主流となっており、その差を解消する工夫がされています。

住宅工法の中では、基本的には最も安価な工法です。

[耐震性・耐火性]
コンピュータによる壁量計算により、筋かいや補強金物を適切に配置し、接合部の強度を高める対策がとられています。
万一火が出ても木に直接当たらないよう、屋根や外壁に不燃材を用います。

[気密断熱性]
断熱材の進化や外断熱工法を取り入れるなどの工夫により、非常に高い気密性、断熱性を発揮します。

【枠組壁工法(2×4、2×6、2×8工法)】のメリットは?

均一サイズの角材でフレームを組み、合板などをフレームに接合して壁や床、天井を構成し、それらを組み合わせて箱状の空間をつくっていく工法。北米から輸入された工法で、北米の住宅の9割以上はこの工法です。

断面サイズが2×4インチ(1インチ=約2.54cm)の角材を使用することから、「ツーバイフォー工法」とも呼ばれます。現在、2×6インチや2×8インチの角材を用いる2×6工法、2×8工法も採用されています。

釘の長さや打つピッチまで標準化されている工法なので、職人さんの技量に左右されることがなく安定した品質の家をつくることができます。

一方、構造体が壁のため、プランニングやリフォームの際、在来工法よりも構造上の制約を受けます。

[耐震性・耐火性]
前出の在来工法が柱や梁などの「軸」で重さを支えるのに対して、この工法では、「面」で支えます。外圧を分散して受け止めるため、強い耐震性能があります。

火に強い石膏ボードを壁下地に貼り、壁内部の火の通りを遮断するファイヤーストップ材を設け、火事対策をしています。

[気密断熱性]
面で構成するため、高気密・高断熱にしやすい。

【プレハブ工法】のメリットは?

プレハブ工法とは、「Pre-fabricated 前もって部品をつくる」からきた言葉で、柱や梁、壁などの部材を工場で生産して、それを建築現場で組み立てる工法です。
品質管理が行き届いた工場で生産されるため、品質のばらつきが出にくいことが最大の特徴です。

〇プレハブ工法には、次のようなものがあります。

■プレハブ工法(木質系)
木材によるパネルなどを主要構造部材とするもの。
2×4工法との違いは、パネルを工場生産する点です。木材で組んだ枠に断熱材を入れた後、合板などの面材を貼ってパネルを生産し、それを建築現場で組み立てます。

■プレハブ工法(鉄骨系)
鉄骨を主要構造部材とするもの。
柱や梁、壁、ブレース(四辺形の対角に入れられる補強材)などで骨組を構成します。
在来工法同様に柱の位置・長さが自由に決められるため、狭小・変形敷地にも対応しやすい工法です。

また、重量鉄骨を使用すると、より自由な空間をつくることができ、3、4階建て住宅や店舗併用住宅に多く採用されています。

■プレハブ工法(ユニット系)
鉄骨または木材をフレームとしたユニット(箱)を建築現場で連結して完成させるもの。
工場でボックス型ユニットをつくり、壁や天井の下地材、建具や設備などの取り付けまで済ませて専用のトラックで現場に運び、クレーンを用いて組み立てます。
家づくりの80%以上が工場でできるため、工期が非常に短いのも特徴です。

■プレハブ工法(コンクリート系)
工場生産コンクリートパネルなどを主要構造部材とするもの。コンクリートパネルを現場に搬入し、床・壁・屋根が組み立てられます。材質上、耐久性・耐火性・耐震性・居住性に優れた特徴を持っています。

[耐震性・耐火性・気密断熱性]
各メーカーにより異なる技術を研究開発、採用して、建築基準法および住宅品質確保促進法に基づき、一定の基準以上の性能をクリアしています。

【壁式鉄筋コンクリート工法】のメリットは?

梁、壁、床などの形に合わせた鉄筋を組み、型枠で囲ってコンクリートを流し込んでいくので、どんな形でも作ることができ、自由度の高い工法です。

躯体(くたい)全体に継ぎ目がないので、頑丈かつ長寿命。
近年の土地有効利用のニーズを受けた3階建て住宅への採用が増えています。

一方で、ほとんどが現場作業で行われるので、施工時の天候などの条件やコンクリートの品質管理が非常に重要になってきます。
住宅の工法としては最も高価な工法です。

[耐震性・耐火性]
過去の大きな地震における被害も少なく、優れた耐震性と強度を誇ります。
また、コンクリートが火災などの燃焼から鉄筋を守ります。

[気密断熱性]
外断熱を採用すると、コンクリートの比熱の高さが幸いして、快適な住空間を実現できます。


一概にどの工法が良いとは言えませんが、
基本的な工法を知っておくことで、モデルハウスを見学する際にも
家の構造を理解しやすくなります。
優先したいのは、プランニングの自由度か、価格か、また別の条件か。
十分に検討して、納得の家づくりをしてくださいね。

住まいるブログ
〜知って得する住まいの基礎知識〜
blog

住宅博からのお知らせ housing information

見どころたっぷり最新のイベント情報を掲載中