家本体にかかるお金のことだけ考えていると、大変なことに⁉
必要なお金の全体像を把握して、資金計画を立てましょう。

資金計画は「本体工事費」+「付帯工事費」+「その他諸費用」の3本立てで

あなたがもしもお家を建てるなら、土地代は別として、ご予算はどのくらいですか?

もちろん条件によりますが一般的に、予算のうち、家の基礎や床、壁、屋根、設備機器、造作家具など、家本体の材料費や工事費として使えるのは約7割だけなんです。

残り約3割のうちの約2割が「付帯工事費」として必要で、残り約1割は「その他諸経費」として必要なお金。
工事を依頼する会社によっては、付帯工事費も本体工事費に含んでいるところがありますが、一般的には別と考えられます。

トータルの資金計画をしっかり立てておかないと、思ったよりも家本体にお金をかけられなかったり、予算が大きく膨らんでしまったりしてしまうかも。

家が建つまでにどんなお金が必要なのか、しっかり把握しておきましょう。

本体工事費とは?

建物本体のための材料費や工事費です。家づくり全体にかかる費用の約7割が本体工事費になります。

一般的には、木材、鉄骨、コンクリート、内装材といった家本体をつくる材料と、キッチンやトイレ、洗面台、浴室といった設備機器の費用。
そして基礎、外壁、屋根、左官などの工事費用が含まれます。

付帯工事費とは?

建物本体には含まれないけれど、家を新築する際に必要な工事にかかる費用です。
この付帯工事費が、家づくり費用全体の約2割を占めます。

■外構工事費
門扉、フェンス、駐車場、玄関アプローチ、植栽、敷地内のコンクリート塗装など、外まわりの材料費と工事費のことです。

■電気・ガス・水道工事費
電気・ガス・水道を使えるようにする工事です。
さらに、道路の下を通っている給水管・排水管が敷地内に引き込まれていない場合は、それらを引き込むための屋外給排水工事が必要な場合もあります。もともとその土地に建物があったりして上下水道が引き込まれていれば、この工事は不要です。

■電設工事費
エアコン設置工事や、照明器具などの設置工事費です。配線は本体工事に含まれます。

★ここから下の項目は、土地の条件により必要になってくる工事費用です。

■解体工事費
今まで住んでいた家を解体する場合や、古家付の土地を購入した場合には、その建物を解体する工事が必要です。

■造成工事費用
敷地に高低差がある場合、安全に家を建てられる土地にするための工事を行う必要があります。

■基礎補強工事関連費用
地盤が軟弱な場合、補強工事が必要になってきます。地盤調査をする場合は、その費用も必要です。

これらの他、廃棄物処理費や仮設のトイレ設置、電気工事、水道工事などの費用が必要になってくるケースもあります。

その他諸費用とは?

新築の家をつくる際には税金や保険料などの費用のほか、引っ越しに関わる費用や式祭典を行う際に必要な費用がかかってきます。
これらは住宅ローンに組み込むことができないため、現金で用意しておくことが必要な諸費用といい、家づくりにかかる費用全体の約1割を占めます。

[税金・ローン関連・保険料など]

■印紙税
家の建築を依頼した会社や、住宅ローンを組む銀行との契約書を作成する際に、印紙税が課せられるので、収入印紙を購入することが必要です。

■不動産取得税
不動産を取得したときに課せられる税金。

■火災・地震保険費用
火災保険は、ローンを借りた場合、その金融機関で加入が義務化されています。
地震保険の加入は任意のところが多いようです。

■融資手数料
ローンを組む金融機関に支払う事務手続きの手数料。

■ローン保証料
ローンを組む際、連帯保証人を立てずローン会社に保証をしてもらった場合、その保証会社に支払う手数料のことです。

■団体信用生命保険料
万一、返済の途中で加入者が死亡または高度障害状態になった際、保険金でローンの残額が返済される保険の保険料。

■つなぎ融資手数料
住宅が完成して住宅ローンが実行されるまでに、着工金や中間金の支払いのために一時的にローンを組む場合に発生する手数料。

■司法書士への報酬
登記申請などを司法書士に依頼する時に必要です。

[引っ越し・式祭典など]

■引っ越し費用
今使っているものをそのまま使うためには引っ越し費用が必要です。建替えなら仮住まいへの引っ越しと、新居への引っ越しの2回分の引っ越し費用が必要です。

■仮住まい費用
建替えの場合は仮住まいをする必要があり、賃貸住宅に入居する場合は家賃やその他諸費用が発生します。

■家具・家電・カーテン等購入費用
新しい家具や家電製品を購入する場合は、ものによって異なりますが100万単位のお金が必要になってきます。

■地鎮祭・上棟式
これらを行う場合は、費用が必要です。

その他にも、近隣への挨拶時に持参する品代や職人さんへの差し入れ、電話工事費などが必要になってきます。


家を新築するためには、このように多岐にわたる多額のお金が必要になってきます。
よく住宅メーカーの広告に「坪単価 〇〇万円」などと表示してありますが、その多くは本体工事費のみなので注意しましょう。
「付帯工事費」や「その他諸費用」も把握した上で資金計画を立てて、思い描くわが家づくりを成功させてくださいね。

住まいるブログ
〜知って得する住まいの基礎知識〜
blog

住宅博からのお知らせ housing information

見どころたっぷり最新のイベント情報を掲載中