WEB住宅博(総合住宅展示場)|アドバンス開発株式会社 > 知って得する建築知識 > スマートハウス、ZEH(ゼロ・エミッション住宅)って何のこと?

住まいづくりのポイント

間取りづくり間取り選びは何から考える? 考える切り口を見つける為に、家づくりの計画(間取りづくり・間取り選び)の全貌を見てみよう!

何から考えれば良いのか?

境界線を意識して取り組む!

図:経産省「次世代エネルギーシステムに係る国際標準化に関する研究会」資料より

「スマートグリッド」とは、最新のIT技術を活用して電力需要と供給に係る課題解決を図る次世代電力系統とされる概念で、地球環境問題に対応する不安定な再生可能エネルギーによる電力供給の信頼性向上の観点から、米欧を中心に急速に関心が高まっている仕組みです。

家づくりにおいても、補助金制度の後押しで普及促進が図られている家庭用の太陽光発電システムですが、家庭で発電し、余剰電力を系統電力として戻すことになり、天候等により家庭用の太陽光発電システムの発電量は、大きく変化します。結果として瞬時に電圧、周波数が乱れ、電力会社での制御が難しい状況になってしまう場合が想定できます。各家庭から系統電力に流れる余剰電力により、系統電力が不安定になることが懸念されているのです。

そこで今、スマートグリッドと言われている電力供給の仕組みでは、発電所と各家庭を情報通信ネットワークで連携させ、例えば、今から何分後にこの住居から何kW の余剰電力を流しますとの約束をし、各家庭からの情報により系統電圧への影響の予測を可能とし、その予測に基づいて発電量を制御し、系統電力の安定化を図ろうとする仕組みなのです。

一方、各家庭においても、発電量が不安定な太陽光発電システムでは、需要電力が足りない、余剰電力を約束しても天候により約束に満たないという場合もあり得ます。逆に発電量が約束より余ってしまう場合もあり得ます。そんな場合には、蓄電池に溜めることをしたり、足りない時には蓄電池から放電したり、燃料電池で発電させたりして、電力量の安定化を図る必要があります。また、電気自動車のバッテリーとの連携も考えられています。そのような制御を、最新のIT技術を活用して家庭内で出来るようにする家を「スマートハウス」と称しているのです。前記した地域社会全体で制御するスマートグリッドの端末的役割として、欠かせない存在になってくるとされています。

↑ページトップへ

専門的部分が多く、とても自分では考えられないのですが?

決してそういうことではなく、課題解決の手段の一つが「スマートハウス」や「スマートグリッド」構想と理解した方が良いと思います。例えば、環境省「地球環境研究総合推進費 戦略研究開発プロジェクト」、及び日英共同研究「低炭素社会の実現に向けた脱温暖化2050 プロジェクト」の一環として、2008年5月に「2050 年に日本のCO2 排出量を1990 年に比べて70%削減するために取るべき12 の方策」というのが、「2050 日本低炭素社会」シナリオチーム((独)国立環境研究所・京都大学・立命館大学・みずほ情報総研(株))により提案されています。その中でバックキャスティングという手法で、対策モデルから、どの分野でどのようなエネルギー利用(あるいはCO2 排出)にしなければならないかを描いています。これらの結果をもとに、そのような姿を実現するためにはどのような行動、技術選択、社会改革をしなければならないのか、そしてそのためにどのような政策・手段をとることが考えられるのかを「12の方策」という形で描いています。「スマートハウス」や「スマートグリッド」も、その手段の一つとして位置づけられると理解できます。

↑ページトップへ

絶対に自分で考えなければならない部分は何がありますか?

経産省・国交省・環境省は、3省共同で「低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進会議」を2010年(平成22年)6月3日に設置し、有識者による取組みの議論を展開しました。その中で「住宅・建築物のネット・ゼロ・エネルギー化の推進(家庭・業務部門対策)」という項目があり、目指すべき将来像として、住宅において、2020年までにZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な新築住宅とし、2030年までに新築住宅の平均でZEHを実現する構想としています。その背景には、欧米におけるZEH(住宅)ZEB(ビル建築)の政策推進が盛んなことがあります。アメリカでは、住宅について市場展開可能なZEHを2020年までに開発することを目標とし、EUも2020年12月31日以降に新築されるすべての住宅・建築物を「概ねゼロ・エネルギー(nearly zero energy)」とする構想があります。

「ZEH」とは、ゼロ・エネルギー・ハウス(Zero Energy House)、またはゼロ・エミッション・ハウス(Zero Emission House)を略したもので、住宅におけるエネルギー消費量、若しくは二酸化炭素排出量について、種々の技術の活用や生活改善等により削減し、ネット(正味量)で概ねゼロを目指す住宅のことを言います。エミッションとは、自然界への排出をゼロにする仕組みを構築することと解されています。

また経済産業省は、エネルギー・環境技術を始めとした我が国の優れた技術を発信するため、2008年の北海道洞爺湖サミットにおいて、政府が主催する「環境ショーケース」の一環として、国際メディアセンター(IMC)内の屋外駐車場に、太陽光発電、燃料電池、最先端ロボット等の先端技術を備えた近未来型住宅「ゼロ・エミッション・ハウス」を設置し、外国報道関係者等に対して展示を行いました。地球温暖化を防止するとともに、持続可能な社会の実現に向けた卓越したものづくりの技術が日本には多く存在し、ゼロ・エミッション・ハウスは、グリーン電力証書活用も含めて、エネルギーを全て自然エネルギーでまかなうとともに、新エネルギー・省エネルギー・環境の3つの技術を集結した、美しい日本の伝統と未来の革新技術を融合した近未来型エコ住宅として報道発表しています。

↑ページトップへ

住まいの哲学としてのチェックリストは、どんな手順でつくっていくのですか?

東日本大震災で、原子力依存の日本のエネルギー問題が大きくクローズアップされました。様々な側面からエネルギー問題を考えさせられましたが、そのひとつに、資源の無い国と言いながら国土面積の約66%を森林で占める日本が、木材輸入量(丸太換算)について、平成19年(2007年)で世界3位の輸入国というのは、少々、奇異な気がします。3R(リデュース・リユース・リサイクル)運動が推進され、生活の場で「リデュース」と言いながら、日本の国土にある資源を使い尽くしていない状況と言えるのではないでしょうか。その要因のひとつ「間伐問題」は大変な難題ですが、木材についても、単に「地産地消」の掛け声で地場産材の活性化に留まるところなく、人類が石油を余すところなく利用する技術で高度成長を成し遂げたように、木材も余すところなく利用する技術により、森林の間伐が経済効果に繋がるような未来に期待したいところです。

また、遠くの発電所で発電時に排熱しておきながら、街中に於いて電気で熱を作って使う今の生活にも反省の余地がある気がします。子供の頃「エネルギー保存の法則」を習いましたが、熱力学第二法則に於いて、エネルギーの不可逆性(エネルギーは同じでも冷水は温水に戻らない)に着目し、省エネ生活というのは、電気一辺倒から、さまざまなエネルギーの存在を知り、その活用方法を考えることを大切にすることではないかと思うのです。

↑ページトップへ