WEB住宅博(総合住宅展示場)|アドバンス開発株式会社 > 知って得する建築知識

知って得する建築知識

住宅工法の種類と特徴

  • 工法とは家の躯体(骨組み)を作る方法のことです。
  • 技術が進歩した現在では、どの工法でも性能差はほとんどなくなってきています。とはいえ、各工法で使う材料や工期など特徴があるのも事実です。
  • 住宅メーカーでは、これらの工法をベースに独自の技術を付加して差別化をうたった家づくりを提案している会社も多く見られます。
  • 以下では、代表的な工法として【木造軸組み工法】【枠組壁工法】【プレハブ工法】【壁式鉄筋コンクリート工法】の四つをご紹介します。
  • 一概にどの工法が良いかとは言えませんが、理想の家を作るための基礎知識として各工法の特徴を知り、モデルハウス見学に役立てましょう。

木造枠組工法

主に柱や梁といった軸組(線材)で支える、設計の自由度が比較的高めの工法である。
日本で古くから発達してきた伝統工法(在来工法)

枠組壁工法(2×4、2×6、2×8など)

フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ちつけた、壁や床(面材)で支える工法である。
欧米において普及した木造住宅の一般的工法である。

プレハブ工法(鉄骨系)

工場で部材を生産し、それを建築現場で組み立てる工法(工業化住宅)
鉄骨系は柱や梁などの骨組み材料に、主に鉄骨を使用。

プレハブ工法(木質系)

工場で部材を生産し、それを建築現場で組み立てる工法(工業化住宅)
木質系は木質パネルで床・壁・天井を構成する壁式工法。

プレハブ工法(ユニット系)

工場でボックス型ユニットを生産し、それを建築現場で組み立てる工法(工業化住宅)
ユニット系には鉄骨系と2×6工法がある。

壁式鉄筋コンクリート造

鉄筋を組み、型枠をはめてコンクリートを流し込んでつくる工法。
工期・コストはかかるが、非常に高い強度がある。

住まいづくりのポイント

  • 間取りづくり・間取り選び(家づくりの計画)は何から考える?
  • 導線計画、ゾーニング、ライフステージって何のこと?
  • 地震や災害に耐える「敷地/地盤」とか「建物の強さ」って?
  • スマートハウス、ZEH(ゼロ・エミッション住宅)って何のこと?