WEB住宅博(総合住宅展示場)|アドバンス開発株式会社 > 二世帯住宅Yes/No診断

二世帯住宅Yes/No診断

二世帯住宅の暮らし方は、同居家族に応じて多様です。
親世帯と子世帯が別々に記入してください。違いを確認した上で、同居に当たり、二世帯でよく話し合い、このシートを参考にまとめてください。ポイントはプライバシーの確保とコミュニケーションの割合をどの程度にするかを予算の中で計画することです。
この項目についてモデルハウスの営業マンとご相談ください。夢が見えてきます。

食事やだんらんなど、ほとんどの生活を二世帯で一緒にしたい。

YES

NO

ほとんどの設備は両世帯に置きたいが、玄関や浴室などは一緒でも構わない。

YES

NO

世帯ごとに完全に独立して、両世帯とも1階2階を平等に使い、縦割りにしてお隣さん同士の間隔で生活したい。

YES

NO

あなたのご家族にぴったりのタイプは・・・

A:同居型

伝統的な二世帯住宅の同居タイプです。お互いのプライベートな部分はきっちりと確保し、居間や食堂などは共用にし、 二世帯交流の場所として活用していくスタイルの二世帯住宅です。
注意点は二人の主婦が利用するキッチンはゆったりと作業できるほどのスペースを確保されることです。ほかにも、ミニキッチンや シャワールームの設置も検討されるとよいでしょう。

B:一部共用型

玄関は1つで共用し、他の生活空間は分離するスタイルの二世帯住宅です。プライベートの生活を楽しみながらもお互いの二世帯交流ができます。 注意点としては、お互いのプライベートゾーンを通らないで出入りできる玄関の配置を考慮されるとよいでしょう。

C:左右分居型

建物を縦割りにして、左右に住み分けるスタイルの二世帯住宅です。両世帯とも上階と下階が自由に使えるので、上下階の音の心配はありません。 隣り合った2軒の家の感覚で暮らせます。
注意点としては、独立性が高いため、お互いの交流が不足しがちになりかねないので、中庭やアプローチなどで 交流を図れるように工夫されるとよいでしょう。

D:上下分居型

玄関を2 つ以上設けて上下に住み分けるスタイルの二世帯住宅です。内階段タイプでは、敷地に余裕がない場合や、庭を広くとりたい場合などには合理的です。外階段タイプでは、内階段タイプより独立性が高まり、将来、どちらかを賃貸することもできます。注意点としましては、上階の音が下階に響かないように下階の寝室の上に子供部屋やリビングを配置されるのは避けられるとよいでしょう。

最初からやり直す

タイプが分かったら「二世帯住宅診断書」で詳しく検討しましょう。

STEP1 診断書を2枚プリントアウトして下さい

診断PDFダウンロード

STEP2 家族ミーティングをしましょう

STEP3 モデルハウスに「二世帯住宅診断書」を持って行きましょう

お近くの住宅博をチェック!

  • なんば住宅博
  • 桃山六地蔵住宅博
  • 堺泉北住宅博
  • びわ湖大津プリンスホテル住宅博